ブログ事業内容医療機関様向けアプリケーション開発[メディカル]

事業内容

医療機関様向けアプリケーション開発事例

COPDの問診支援及び啓発支援 iPadアプリ「COPDチェッカー」


「COPDチェッカー」の主な機能

・COPD問診(IPAG)の自動計算機能
・過去の問診データ閲覧機能(アプリ内のみ)
・アニメーションでの疾患啓発機能

アプリ基本情報

サービス名称: 「COPDチェッカー」
対象機種: iPad(iPhone OS 5.0以上)
リリース日: 2012年12月4日
利用料金: 無料
カテゴリ: メディカル
協力会社: 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
DLページ: iTunes


患者さんを副作用から守るためのスマートフォンアプリ「副作用チェッカー」

「副作用チェッカー」の主な機能

1,皮膚の症状 2,目の症状 3,尿の症状 4,手足の症状 5,お腹の症状 6,呼吸/胸の症状 7,血液の症状 8,全身の症状
に関しての自覚症状の有無を患者さんに聞き取りする事で、疑いのある有害反応について確認をすることが出来ます。

アプリ基本情報

サービス名称: 「副作用チェッカー」
対象機種: iPhone、iPad、iPod Touch(iOS 5.0以上)、android(androidOS 2.3以上)
リリース日: 2012年11月16日
利用料金: 無料
カテゴリ: メディカル
協力会社: 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
山口大学医学部附属病院
DLページ: iTunes
google play
関連ページ: 日本ベーリンガーインゲルハイム社プレスリリース


COPD質問票(IPAG)iPadアプリ「COPDチェッカー」

「COPDチェッカー」の主な機能

・IPAG質問票の点数計算が自動で可能
・過去のデータをアプリ上で確認が可能(アプリ内のため、圏外でもご利用いただけます)
・COPDに関する説明アニメーションが閲覧可
・サーバへの保存により、データの共有も可

アプリ基本情報

サービス名称: 「COPDチェッカー」
対象機種: iPad(iPhone OS 4.0以上)
リリース日: 一般公開はしておりません。詳しくはお問い合わせください。